カテゴリー: 報告

2017年度本審査会を開催しました!(12/2)

12月2日の午後、二子玉川カタリストBAにて、公益信託世田谷まちづくりファンド・キラ星応援コミュニティ部門の2017年度本審査会が開催されました。

4年目を迎えたキラ星部門の本審査会。今回は、教育・外遊び・働く女性支援・まちづくり・障害者支援といった活動テーマによる、2年目が1グループ(結お~くらんど)、1年目が5グループ(マザークエスト/ビオキッズ実行委員会/世田谷ワーキングマザーの会/OYAMACHIプロジェクト/特定非営利活動法人UNELMA)と、合計6グループの申請がありました。

9月下旬の第一次審査ではこれら全6グループが採択され、この3ヵ月近くにわたり、それぞれのグループは、伴走するメンターのみなさんと話し合いを重ね、申請内容をブラッシュアップして本審査会に臨みました。6グループから熱の入ったプレゼンが繰り返され、運営委員からも申請書やプレゼンで不明な点を質問しました。

最後に運営委員による審査投票の結果、運営委員の過半数の得票を得た得票数1位のビオキッズ実行委員会と2年目の結お~くらんどが採択決定となりましたが、1年目の3グループ(マザークエスト/OYAMACHIプロジェクト/特定非営利活動法人UNELMA)が得票数同数で同列2位となりました。年度ごとの採択グループ数の上限が3であることから、3から2グループを選ぶ決選投票となりました。

キラ星部門では初の決選投票、それぞれのグループに投票した運営委員同士の応援演説を経て、再投票の結果、OYAMACHIプロジェクトと特定非営利活動法人UNELMAが僅差で採択されました。

運営委員からは、今回残念ながら採択に至らなかった2グループも含め、どのグループの申請内容も第一次審査会の時よりメンターとの話し合いを経てブラッシュアップされていて、見違えるほどにすばらしくなっているとの意見が聞かれました。今後のスケジュールとしては2018年1月にキックオフ会を、4月頃に中間合同メンタリングを開催、それをマイルストーンにして、採択された4グループはこれからの残り約9ヶ月間、グループに伴走しているメンターとともに、それぞれ活動を深めていきます。一年間の活動を経てどのような成果を上げるのか、ぜひみなさんも注目していただければ幸いです。また、引き続きメンターも募集しています。年度途中からでも参加できますので、ご興味ある方はぜひご連絡ください。

キラ星応援コミュニティ部門2017年度第一次審査会を開催しました!

9月22日の夜、二子玉 川カタリストBAにて、公益信託世田谷まちづくりファンド・キラ星応援コミュニティ部門の2017年度第一次審査会が開催されました。

4年目を迎えたキラ星部門の第一次審査会。今回は、教育・外遊び・働く女性・まちづくり・障害者支援といった活動テーマによる、2年目が1グループ(結お~くらんど)、1年目が5グループ(マザークエスト/ビオキッズ実行委員会/世田谷ワーキングマザーの会/OYAMACHIプロジェクト/特定非営利活動法人UNELMA)と、合計6グループの申請がありました。

世田谷のキラ星を目指す6グループによる、短い時間ながら熱の入ったプレゼンと質疑応答が繰り返されました。運営委員からも、申請書やプレゼンで不明な点を質問し、申請内容で気になった点・検討を深めてほしい点をそれぞれ付箋紙に書き出していました。

全グループのプレゼンが終了した後は、昨年度でキラ星部門を卒業する4グループの活動報告が行われました。規定の助成期間2年目が終了した2グループは、支援者が増える・組織体制が固まる・活動の枠が広がるなど、一年目の申請当初に比べ、まさにキラ星の名にふさわしい活動の展開を見せていました。

キラ星部門の特徴であるメンター制度についての説明の後、最後に運営委員による審査投票が行われました。今回は、全グループが運営委員の過半数の得票を得て、第一次審査採択となりました。合わせて、運営委員がプレゼン時に記入していた付箋紙をグルーピングして整理し、本審査会までにブラッシュアップしてほしい課題として、それぞれのグループに対して発表されました。

これから約3ヶ月間、メンターがそれぞれのグループに入り、出された課題についての解決策の検討を深めていきます。どのように企画がブラッシュアップされていくのか、12月2日の本審査会が楽しみです。ぜひみなさんも注目していただければ幸いです。また、引き続きメンターも募集しています。途中からでも参加できますので、ご興味ある方はぜひご連絡ください。

*キラ星応援コミュニティ部門2017年度第一次審査会映像
https://youtu.be/K5BpqUjvZwU

中間合同メンタリングを開催しました!(4/12)

1461306847134各テーブルに団体・メンターが付き、自由に座ったメンバーではじめに自己紹介を行いました。それぞれの所属やキラ星との関わり、団体は活動の概要についてなどを話し、情報共有をしました。自己紹介をして初対面の方とも打ち解けた後、運営委員坂倉さんによるワークショップを行いました。各団体の取り組みの成果として世田谷がどのように生き生きしたのか、まちづくり活動の成果をはかるために「IOOによる成果の地図化ワークショップ」と題し、レクチャー後にグループごとで作業に移りました。

まちづくり活動の成果を図る三つの評価軸「IOO」として、(1)つかったもの=インプット(Input)「いくら費用がかかったのか」、(2)やったこと=アウトプット(Output)「どのような施策・事業をどのくらい行ったか」、(3)おこったこと=アウトカム(Outcome)「どれだけの成果が上がったか」の3つがあります。このテーマに対し、それぞれの団体が各グループで付箋紙・模造紙を使って出し合い、活動を実施することでどのような結果が生じたのかをメンター含むグループ内で整理・共有しました。

1461306848717全体発表を通して成果の全体的傾向として次のような意見が見られました。成果の面では、他との事業連携をすることができた、支援者が広がった、当初よりもメンバーが増加した、など。また成果を受けてこれから取り組んでいかなければいけないこととして、組織化に関わる悩みがある、活動(参加者)を拡大していくこと、営業力を強化していきたい、など。多くの振り返りをすることができました。
全体発表の後、再びグループ内での振り返りを行いました。キラ星部門の大きな特徴である伴奏型支援において、団体とメンター双方が自主的に相談・アドバイスをする場が大切であり、今回の合同メンタリングでもじっくりと時間を使って、振り返りを行いました。

■土井運営委員長の講評、参加者の意見
1461306841337最後に運営委員長の土井さんによる合同メンタリングの講評がありました。課題としては今回のメンタリングに各団体のメンバーがもう少し参加して欲しかったということ。模造紙を使って現状をふりかえると、意外と団体内でも共有できていない情報があり、団体と外部のメンタリングだけでなく団体内の共有にも繋がるのではないかという点でした。また気づきとしてメンターが団体にとてもなじんでいること。メンターが団体メンバーの一員のようになっていて、とても良い!というお話でした。また参加者からの意見として、今日のようなグループワークをするならば事前に告知して欲しかった、という意見もありました。グループワークをやるかやらないかで参加予定のメンバーのモチベーションが変わるため参加者も増えていたのではないでしょうかというお話でした。

キラ星部門助成グループ決定しました!

2014年12月6日(土)にキラ星応援コミュニティ部門本審査会を開催しました。
厳正な審査の末、次の2つのグループが採択されました。

Futacolab
せたがや水辺デザインネットワーク

次の3つのグループは残念ながら不採択となりましたが、
グループとメンターが自主的に活動を続けることになりました。

おひるのかほり
株式会社AsMama
i-link-u